財務管理の推進-その5-

財務管理の推進

 その4は、コチラをご覧ください。

2.財務管理の手法と活用方法

 

 

(1)財務管理の種類についてはコチラ

 

(2)実数分析の方法についてはコチラ

 

 

(3)比率分析の方法

 

 

① 収益性分析

 収益力は企業が調達し、経営に投下した資本の運用効率を示す総資本経常利益率によって総合的に評価される。

 またそれは、売上高経常利益率(売上に対する、営業活動によって得た利益の割合)と総資本回転率(経営に投下された資本を売上高により回収した速度を示すもの)に分解される。

 

(イ) 収益性を高めるポイント  

 ・ 収入を増やす(増客及び、単価の引き上げ)

 ・ 在庫の圧縮、遊休資産の処分  

 ・ 未収入金、貸付金の早期回収

 ・ 経費の節減

 

② 生産性分析

 売上高の投入高に対する割合をいい、企業の経営分析体系の中で、収益性分析を補足するものである。

 その特色は、収益性分析においては投入高を「資本」としたのに対して、生産性分析ではこれを「人」又は「物」としている点にある。

 生産性の向上があれば、人件費や諸経費の増加を吸収することができる。

 

(イ) 生産性を高めるポイント  

 ・ 人員配置が適正か検討する  

 ・ 賃金単価が適正か検討する  

 ・ 部門別収益計画の見直し(収入目標を明確にする)

 

③ 安全性分析

 バランスの取れた安定した経営がおこなわれているかどうか、企業を取り巻く経営環境が変化しても耐えうる力がどれくらいあるかを見る。

 企業の財務状態の良否、支払能力の程度を見るもの。

 

(イ) 安全性を高めるポイント

  ・ 不良在庫、過剰在庫の一掃

  ・ 遊休資産の処分

  ・ 固定資産の購入は長期資金で取得する

 

④ 成長性分析

 企業に投下された経営資産である「ヒト」「モノ」「カネ」が、毎年継続的に効率よく活用され、成長・発展に向けての活動がとられているかどうかを見る。

 

(イ) 成長性を高めるポイント

  ・ 増客への取組み  

  ・ 新規分野の提案

  ・ 利益率増加

  ・ 機械化、外注化