中期経営計画の必要性-その1-

005

 

1.経営計画とは何か

 

 

 (1)経営計画とは何か

 

 経営計画とは、将来の経営ビジョンを実現させるための設計図である。

 決して貨幣価値係数を並べただけのもの(利益計画)をいうのではない。 

 (=将来のために、これからそして今現在何をなすべきかを煮つめたもの)

 通常、1年単位で策定したものを「年度経営計画(短期経営計画)」といい、3年ないし、5年後のあるべき姿について策定したものを「中期経営計画」と呼ぶ。

 経営計画策定の最大の目的は、将来の事業構想(Domain)を具体化し、それを実現する実行計画の現実化にある。

 

 (2)経営計画の7つの構成要素 

 

 経営計画を構成する要素としては、基本的に以下の7つがあげられる。

 120

 

2.経営計画と経営サイクル構造

 

  経営計画を策定する際には、経営の5サイクルについて検討する必要がある。

 

 (1)P-D-Sから5サイクルへ 

 

 経営とはマネジメントであり、PLAN→DO→SEEのサイクルを回すのが、以前の考え方であった。

 しかし、構造変革の時代にあっては、さらにビジョンや戦略をも視野に入れた5サイクル経営が必要とされる。

 

 (2)5サイクル経営の構造 

 

113

 


中期経営計画の必要性-その2-