財務諸表とその読み方

008

1.財務管理を実践している経営者の特徴

 

 

 (1)客観的数値によって自社の現状を正確に把握している。

 

 1.業績の良し悪しを数値によって判断する。

 2.その原因に対して数値的裏付けを持っている。

 3.同業者と比較検討することができる。

 

 (2)日常の経営活動においてもドンブリ勘定的な発想ではなく、緻密性を持っている。 

 

 1.日常の経営活動においても採算的認識を常に持っている。

 2.ロスのない経営をしている。

 

 (3)「成り行き経営」から脱却し、「計画経営」を実施している。

 

 1.人材育成に対して積極的になる。

 2.個人別の目標設定をしている。

 3.社員の生活を向上させるよう心がけている。

 

 (4)経営改善の切り口を整理してつかんでいる。

 

 1.採算部門と非採算部門の区分けがされている。

 2.生かすものと捨てるものを整理している。

 3.新規事業への取り組みの動機づけができる。

 

 (5)意思決定において致命的なミスをすることはまずない。

 

 1.経営数値を把握した経営では、見込み違いがあっても、大幅にずれることは少ない。

 2.設備投資や、人材投資にまちがいが少ない。

 3.不確実なものには、大きなカケはしない。

 

2.一般企業の財務管理の実態

 

 

 (1)収益管理の現状

 

 1.試算表は3~6カ月に一度作成している。 

 2.計算書は作成している。

 3.試算表を翌月10日までに作成している。

 4.年間、月間の売上目標を立てて毎月の実績とチェックしている。

 5.得意先ごとの売上目標と実績を検討している。

 

 (2)資金管理の現状

 

 1.その都度検討する。

 2.入金予定と給料、その他の支払予定表を作成している。

 3.3~6カ月先の資金計画を作成している。

 4.納税まで含めた年間資金計画を作成している。

 

 (3)財務管理の現状 

 

 1.利益計画、資金計画は作成していない。

 2.簡易な予算を作成している。

 3.利益計画があり、月単位で計画実績検討会を実施している。